人材育成のための社員研修会社を徹底リサーチ!

ビジネス英語研修

ビジネス英語研修の内容や効果について解説していきます。

ビジネス英語研修を受けるメリット

グローバル社会と呼ばれている現代では、英会話はもはや欠かせないもの。特に、ビジネス英語は、急な海外出張や海外の企業との取引に備えて使えるようになる必要があります。
相手を説得させるためのコミュニケーション力が求められるビジネス英語は、一般的な日常英会話の延長線に成り立っているものではありません。日常の英会話とは異なる方法や考え方で身に付けるのが効果的だと言われています。そのため、ビジネス英語を自力で修得するのはなかなか難しいという声も。そんなビジネス英語を効率的に修得できる方法として注目されているのが、「ビジネス英語研修」です。

ビジネス英語研修を受けるメリットとしては、

  • 現時点での英語力をいかして会話をする力が育まれる
  • ビジネスならではの英単語や文法を学べる
  • 英語でのプレゼンや交渉を有利にするための、アイコンタクトなどのテクニックを修得できる
  • 外国人や英語に対する苦手意識を払拭できる

などが挙げられます。

ビジネス英語研修には、大きく分けて2つのタイプが存在します。基本的な英語に関する知識を上げるための研修と、現在の自分の英語力で話せるように聴く力・話す力を上げるための研修です。研修を選ぶ際は、何を目標としているものなのか、どのような分野に特化している内容なのかをチェックすることで、より効果的なものを見つけられるでしょう。

修得内容

効果が期待できる研修を選ぶポイントとして、以下の項目を学べそうなものを選ぶと良いでしょう。

正確性

ビジネスにおいて大切な正確性は、欠かせないポイントです。交渉やプレゼンの技術だけでなく、より正確な情報を英語で発信していくために、適切なニュアンスの単語や文法を選択する力が身に付くプログラムを選びましょう。

ネイティブのスピード

どんなに優れた英語の知識や話術を持っていても、ネイティブのスピードに対応できなければ、ビジネス英語として失格です。ネイティブの発音やスピードに耳を慣れさせることで、より説得力があるビジネス英語を修得できるでしょう。

自分の特徴

自分が話した英語が、なかなか通じなくて聞き返されることが多い人は、その理由を徹底的に調べて研究してみましょう。無意識のうちに出てしまっている、声の小ささや言い直しなどの癖を発見し、改善していけるプログラムが効果的です。

文化の違いを認識

会話が成立しても、文化の違いから相手に不快な思いをさせてしまうトラブルが多発しています。相手の文化や習慣を理解することも、ビジネス英語の大切な要素。英会話以外にも、それらの知識を教えてくれる研修をおすすめします。

合宿制

プログラムではなく研修のタイプになりますが、スケジュールや予算に問題がないようなら、合宿タイプの研修をおすすめします。合宿タイプの研修の場合、英語しか使用できない環境にしているものがあり、食事やプライベートも日本語で話してはいけないなどのルールを設けている場合もあります。このような環境は、実際の海外留学に近いので、セミナーや授業で習った英語を実践する機会に溢れています。修得内容の定着と英語に対する苦手意識の克服に効果があります。

ビジネス英語研修の参加体験談

実際に、ビジネス英語研修(合宿タイプのもの)に参加した社員の感想を掲載します。

  • 今までに、外国人の知人に頼んで週に何回かお茶会をしてもらったことがありましたが、仕事が忙しくて続きませんでした。だから、自分には続かない気がして、英会話教室などに通うこともしていません。合宿制のビジネス英語研修は、英語しか使えない環境だと聞いて、外国人と堂々と接することができるようになりたいと思い、参加。
    日本語禁止という空間に、少し不安もありましたが、外国人の講師はとても楽しい人たちで、自然と会話が盛り上がりました。何日かすると、耳が英語になれて、授業の内容や講師の会話も聞き取れるようになりました。英語しか使用できない環境でも案外やっていけることがよく分かり、これからは堂々と外国人と話せそうです。
  • 短期間で集中してビジネス英語を修得したいと思い、連休を利用して合宿タイプの研修に参加。ビジネス英語は、以前スクールに通っていたこともあり、まったくの初心者というわけではなかったが、スピーキングがあまり得意ではなかった。普段は、英語を使う時間を作ることが難しかったので、限られた時間で英語を実際に使う濃厚な時間が欲しいと思って、合宿制の研修に決めた。
    スクールと異なり、休み時間中も外国人の先生とコミュニケーションが取れるので、習った知識をいかせる時間がたくさんあり、会話をするのが楽しかった。私が参加したのは7日間の研修だったが、後半になると、考え事なども自然と英語でできるようになり、脳が英語に慣れていくのが分かった。
    研修後、やはり日常的に英語を話す機会は少なかったが、急な海外出張でとても役に立って良かった。

英語を勉強する土台や、ある程度のコミュニケーション能力を身に付けたい人は、合宿制の研修を受けてビジネス英語の基礎を築いてから、通うタイプの研修やスクールで英語力を維持しつつステップアップしていくというスタイルも効果的です。

日本人には難しいと言われているビジネス英語ですが、修得すれば世界に通用する会話のテクニックを思いのままに使えるようになります。研修に参加して、ネイティブの発音や話し方に慣れ、コミュニケーションのテクニックを身に付けることは、これからのグローバル社会を生き抜くための賢い方法の一つと言えるでしょう。