人材育成のための社員研修会社を徹底リサーチ!

役職・目的別に選ぶ人材育成研修

こちらでは、一般社員向けの人材育成研修について紹介します。

役職・目的ごとに特化した人材育成研修を受けるメリット

企業の未来を考えると、管理職だけでなく、次の世代を担っていく一般社員も、それぞれの役職や立場に必要な能力を身に付けなければなりません。

営業マン向けセミナーや新入社員研修など、対象となる社員を特定している研修は、対象者に必要な知識やスキルに重点を置いたプログラムになっています。その役職でさらなる結果を出すために求められるテクニックや、その立場の社員に必要な心構えなど、現状を改善してワンランク上を目指すために必要な内容が中心です。一人一人の社員について、どの分野で活躍するようになって欲しいのか、どのような能力に特化した人材へと育てたいのかを明確にし、状況や目的に合った研修を受けることで、より多くの社員が有能な人材へ成長する可能性が広がります。

人材育成研修の種類

近年は、社員の個性や役職に合わせた研修の必要性を企業が認識しているため、それぞれの目的に沿った研修を受けている社員が増えています。こうした流れを受け、社員研修会社などのさまざまな企業が、幅広いジャンルの人材育成研修を行うようになりました。定番のテーマを扱ったものから、ターゲットを絞ったマニアックな内容のものもあり、数え切れないほどの研修プログラムが存在します。

中でも、特に注目されている研修は、新入社員研修、女子社員研修、営業スキルアップ研修、ビジネス英語研修などです。ゆとり教育を経て新入社員の考え方に変化が見られたり、グローバル化が進んで英会話の必要性が高くなったことなど、社会情勢の変化が人気の理由だと思われます。
企業からの需要が高い研修ということもあり、これらのテーマや目的をターゲットにした人材育成研修はあちこちで行われていますが、実際に、どのような内容を学ぶのでしょうか。また、役職や目的別の研修を受けることで、社員にはどのような変化が見られ、効果が表れるのでしょうか。

ここでは、特に人気が高いテーマを扱った研修ごとに、その内容や受講することで得られる効果、良い研修を選ぶポイントなどを紹介していきます。

研修も重要ですが「面接」も重要です

よい人材を育てるために「研修」に重きを置くことも大切なのですが、そもそも有望な人材を獲得することもとても大切です。

例えば面接でよい人材がいたにも関わらず、評価基準が定まっていなかったばかりに逃してしまうこともあります。

面接のシステムを導入するメリットは採用活動の効率化だけでなく、面接の評価基準の確立にも役立ちます。

面接システムについては面接・採用プロセスの効率アップ!採用管理システム大全や、ウワサの人事?富井と松田!採用システムを捜せ、探せ!に選び方が紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。