人材育成のための社員研修会社を徹底リサーチ!

リーダーとマネージャーの違いを知る

「リーダー」と「マネージャー」は似て非なるもの。その役割も、求められる資質・能力もまったく異なります。これを知らなければ、リーダーとしてもマネージャーとしても立場がないでしょう。

ここでは、そんな「リーダー」と「マネージャー」の違いについて、わかりやすく説明します。

リーダースキル・マネジメントスキルを効率的に学べる研修会社をランキング

役割の異なるリーダーとマネージャー

ある集団の上に立つ人間・役職の呼称に、「リーダー」と「マネージャー」があります。「リーダー」と「マネージャー」の違いについては、英語の表記に立ち戻って考えてみるとよくわかります。

リーダー(leader)」…「lead」する人、すなわち部下を導く人先頭に立って部下を引っ張っていくのが「リーダー」の役割です。

マネージャー(manager)」…「manage」する人、すなわち部下を管理する立場です。部下の能力を把握し、それを業績向上へと結びつけることが「マネージャー」の役割といえます。

研修をうけるのはリーダーか、マネージャーか

「リーダー」と「マネージャー」とでは、その果たすべき役割がまったく異なるように、求められる資質も当然違ってきます。

そのため、たとえば「リーダー」を育成しようと思っているにもかかわらず「マネージャー」向けの研修を受講させたり、逆に「マネージャー」を育成しようと思っているのに「リーダー」向けの研修を受講させたりしたのでは、十分な効果を得ることができません。

リーダー・マネージャー向けの研修を受講する際には、受講対象者がどちらに当てはまるのかをまずは明らかにし、そのうえで適切な対象・内容の研修を選ぶ必要があることに留意してください。