人材育成のための社員研修会社を徹底リサーチ!

身につけておきたいリーダーのマネジメント力

現代に求められるリーダーには、「ナレッジマネジメント」をコントロールする力が必要だといわれています。

生産管理、販売管理(マーケティング)、財務管理、人的資源管理、情報管理に続く第6の管理領域といわれる「ナレッジマネジメント」を理解し、リーダーシップに生かしていきましょう。

リーダーに抜擢されたら何を学ぶべきか

リーダーに抜擢されるというのは、「今まで自分がしてきた努力が報われた」とうれしい反面、これからは責任のある立場に置かれるわけですから、当然プレッシャーがかかるケースも多くなります。

まず部下を指導し、育てていかなくてはなりません。また、今後起こりうる不測の事態に備えておくことも必要です。

そのためには、どんなことを学んでおくとよいのでしょうか?

リーダーに求められる資質はいろいろありますが、まず「所属やチーム、そして会社をよくする」ことを念頭に行動することが大切です。その行動を生むために、身に着けておきたいスキルを考えてみましょう。

企業のリーダーに求められるもの

リーダーに必要なスキルの基本は、「マネジメントスキル」と「ヒューマンスキル」だといえます。

マネジメントスキルは、おもに管理者以上に求められるスキルといわれ、人や組織を管理する人材マネジメント、成果をあげるための業務マネジメントという2つの要素があります。

「ヒューマンスキル」は対人関係を円滑にする能力で、コミュニケーション、プレゼンテーション、協調性などが含まれます。

また、近年は「ナレッジマネジメント(知識管理)」のスキルが注目されています。

これは、個人(社員など)の知識や経験に培われたノウハウなどを組織内で共有し、有効活用することで業績向上を目指すことです。この方法は大企業でも導入され、成果をあげています。

よりよいリーダーシップを実現するため、セミナーや研修を利用する

このように「マネジメントスキル」「ヒューマンスキル」、そして「ナレッジマネジメント」は、リーダーにとって大事なスキルといえるでしょう。

もちろん、一朝一夕で身につくものではありません。日々の業務や経験から学ぶことはもちろんですが、より深く理解するには関連書籍を読む、セミナーや研修に参加することも必要になるといえます。

これらをレクチャーするビジネス・プログラムにはさまざまなものがありますから、自分のニーズに合ったものを選び、確実にスキルを身につけたいものです。

このカテゴリでは、それらのさまざまな情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。