人材育成のための社員研修会社を徹底リサーチ!

社員研修の特徴・種類

グローバル人材育成に力を入れる研修会社、アルー。アルーの研修システムについて紹介しますので、研修会社選びの参考にしてください。

グローバル人材育成のコンサルティング企業

研修システムには、アルーのコンセプト「習うより慣れろ」が一貫して精通し、グローバルな視点、または経験を重視した研修システムが揃っています。

アルーでは経済成長著しい中国をはじめ、シンガポール、インドネシアなどにも現地法人を設立。これらの現地法人とのグローバルネットワークを生かし、さまざまなノウハウを人材育成に反映していることが最大の特徴といえるでしょう。

その代表例が「現地派遣型研修」

内容としては、各国で生活をし、現地の人や文化に直接触れます。この経験を今後のグローバル感覚を養う基礎とするのです。

この研修システムには次のようなものがあります。

  • 中国現地派遣型研修
    中国ビジネス経営リーダープログラムGMLPC(経営層向け)/中国ビジネスリーダーシッププログラムGLPC(中堅層向け)/中国ビジネス発見プログラムDCP
  • インド現地派遣研修

特徴的な「100本ノック」研修

また、現地派遣型以外にも、アルーには「100本ノック」という特徴的なコースもあります。

おもに、「グローバルビジネスシミュレーション100本ノック」と「教育アプローチ100本ノック」があり、前者は今後のビジネスを狙い、アジアへいち早く慣れ親しむことが目的。そして後者は、新入社員向けの研修です。

100本ノックでもっとも重視されるものが、経験を積むこと。情報や知識だけでは、人は育ちません。実際に経験してみることにより、得られるものこそが人を成長させる糧となります。

このことから、100本ノックは新人社員に適した研修システムであり、新人社員に必要な基本動作を身につけること、そしてアルーが掲げる「習うより慣れろ」精神に基づいて繰り返し反復研修をうけるのです。

知識の詰め込みではなく、体で覚えこむことが大切なのです。